使用時の注意事項

まず、最初の画面設定に注意が必要です。Auto Cadは、海外でも使用されるので、初期設定はインチでしてあります。これをミリに直しておきましょう。また、Auto Cadのバージョンによってかなり使い勝手が異なります。Auto Cad2010の辺りから、エクセルのリボンタブの様なアイコンが導入されました。これによって、視覚的に製図を行う事がより分かりやすく簡易にできるようになりました。例えば、1メートル四方の正方形を描きたい場合、エクセルの図形描写と同じような、四角形のアイコンがありますので、それをクリックします。モデル空間上の一点を右クリックして、数値を1000,1000と入力します(製図の単位をミリにした場合)。すると、1メートル四方の四角形がモデル空間に描かれます。

注意点としては、四角形を描く方法はこの一つではないという点です。描き方は、各個人のかきやすい方法で描きます。例えば、(X座標の値、角度)を入力する線の描き方や、円を描いて内接する六角形を描く描き方などがあります。また、多用するコマンドとして、平行線、トリム、フィレットなど製図上大変便利なコマンドがあります。ですので、コマンドの種類に関しては、独学なり、経験者に教わるなりして、覚えていくのが良いでしょう。使用者の好みにカスタマイズできるので、自分のパソコンのAuto Cadが一番使いやすい物です。他の人のAuto Cadを使うと、バージョンが同じでも画面の設定が違ったりする場合がありますので、その点だけは注意して使用しましょう。

\